いいことばかりじゃない!40代で転職して失敗する人の共通点

これは40代サラリーマン家族持ちの僕が転職で失敗したお話です。僕のように職場を変えようと思っている方には同じような過ちを犯して欲しくないので参考にして下さい。僕が反面教師になります。

それは数年前のこと。僕が40代になる前の話です。その当時、勤めていた会社はとにかく給料が安かったんです。仕事量からして、その額面では合わない!と思ってました。残業は多いわ、給与は安いわで、当時から転職は考えていたのです。ただ、人間関係だけは非常に良かった。上司も同僚も部下も皆んなイイ人。嫌な上司なんて全くいないどころか、自分が仕事で失敗やミスをしても守ってくれる上司がいたくらいですから。働きやすさで言えばこの上ありませんでした。ゆえに職を移る決断が出来なかったというのもあります。
しかし、どうしても給料が安いことに納得できず、40代になって転職することを決断。家族にも同意してもらいました。で、求人サイトで見つけた会社へ再就職。仕事内容は前の会社と同じなのですぐに慣れました。給料も前よりはアップ。と、ここまでは良かったのですが、実際のところは失敗でした…。働き始めて数ヶ月、とんでもなくパワハラが酷い職場だったのです。

それに全く気付きませんでした。40代、既婚者で転職の失敗なんて許されない僕みたいな男に面接してくれた部長と社長はとっても優しく接してくれた上、採用してくれたのですから。絶対に働く環境も素晴らしいはず!と思っていたのですが内情は全然、違ってました。とにかくちょっとしたことでも怒鳴り散らされ、理不尽なことで怒られ、精神的に滅入りましたね。相当なストレスを日々、抱えることになり、いつしか僕は家族にあたるようになってました…。給料は上がったものの、僕の精神と家庭は崩壊寸前…。今では次の会社を探している状況です。

僕のように40代で転職して失敗しない為にも、その就職先の会社のこと、内情、評判などもよくリサーチするべきです。給料がいいだけでは仕事はやっていけませんから…。